詳細を見る
転倒予防 面白ゼミナール

#27『子どもが転んでノドを突く』

 食事の後には歯を磨く。  この習慣は、幼い頃から親が子どもに身に付けさせることが一般的になりました。それでも文部科学...
詳細を見る
転倒予防 面白ゼミナール

#25『下りで転ぶ』

 2020年10月で70歳の古希を迎え、「人生70古●来稀●なり」の言葉が、長寿社会となった現在では、当事者としては、全...
詳細を見る
転倒予防 面白ゼミナール

#24『人は転ぶ動物である -五木寛之さん-』

 本連載のコラムの♯02では、「人は転ぶもの-五木寛之さん-」を執筆しています。再び、五木寛之さんを話題にするのは、私の...
詳細を見る
転倒予防 面白ゼミナール

#23『予防グッズで転ばない』

 高齢者の転倒事故は、自宅、屋外、公共施設、病医院、介護施設、乗り物(バス、電車、飛行機、船など)の中、スポーツ・フィッ...
詳細を見る
転倒予防 面白ゼミナール

#22『エスカレーターで転ぶ』

 私の仕事の本拠地である東京健康リハビリテーション総合研究所は、文京区本郷の東京大学キャンパスのごく近くにある10階建て...
詳細を見る
転倒予防 面白ゼミナール

#21『ルーペで転ぶ』

 テレビコマーシャルで強烈な印象を与え、爆発的な人気を誇ったメガネ型拡大鏡。銀座のナイトクラブのホステスたちが、勢いよく...
詳細を見る
転倒予防 面白ゼミナール

#20『神経疾患で転ぶ』

 私の99冊目の著書である『神経疾疾患患者の転倒予防マニュアル』(饗場郁子/脳神経内科医、鮫島直之/脳神経外科医と共編、...
詳細を見る
転倒予防 面白ゼミナール

#19『働く高齢者が転ぶ』

 高齢者は65歳以上の人のことを言い、65~74歳を「前期高齢者」、75歳以上を「後期高齢者」と分けることがあります。 ...
詳細を見る
転倒予防 面白ゼミナール

#18『落語家が転ぶ(3)』

 伝説の落語の名人と言えば、三遊亭圓生(えんしょう)(1979年、79歳没)。桂文楽、古今亭志ん生、柳家小さんと共に、昭...