#94 転倒予防白書2019
著者名
日本転倒予防学会 監修
武藤芳照(東京健康リハビリテーション総合研究所 所長) 編集
鈴木みずえ(浜松医科大学臨床看護学講座 教授) 編集
原田 敦(国立長寿医療研究センター 整形外科) 編集
ISBNコード
978-4-7849-6169-6
発売日
2019年10月10日
出版社
日本医事新報社

転倒・転落に関する統計、疫学、各種取り組み、資格・試験などの制度面から、患者指導、施設整備、リスク評価、運動療法などの臨床面までを網羅。

・転倒予防の専門家によって結成された「日本転倒予防学会」による初の公式テキスト、150頁増の大改訂!
・2016年版以降に蓄積されたエビデンスのみならず、ロボット、人工知能(AI)、多剤併用などの動向を踏まえ、多職種・多領域による転倒予防の最新知識を反映させました。
・転倒・転落に関する統計、疫学、各種取り組み、資格・試験などの制度面から、患者指導、施設整備、リスク評価、運動療法などの臨床面までを網羅しています。
・医師、看護師、理学・作業療法士から介護職員まで、高齢者の医療・福祉・リハビリ・介護にかかわるすべての人、必携の一冊です。

頁数: 408頁 / 判型: B5判 / 装丁: 2色刷