『じょうずになろうシリーズ(全5巻)』評論社、1981〜1986年

●24.4X22cm/32ページ ●本体1500円 ●1981年07月刊

武藤所長による自著紹介

武藤所長の著作1冊目が『じょうずになろう およぐこと』です。

絵本作家加古里子(かこさとし)氏(2018年、92才没)に絵(え)をお願いし、文(ぶん)を当時東京大学教育学部助教授であった武藤(1.「およぐこと」)と、同大学院学生であった深代千之(2.「とぶこと」、東京大学名誉教授、現東京女子体育大学学長)、平野裕一(3.「なげること」、現法政大学教授)、小田伸午(4.「けること」、元京都大学教授、現関西大学教授)、八田秀雄(5.「はしること」、現東京大学教授)が担当し、全体の監修を宮下光正教授(東京大学名誉教授)が行ったスポーツ絵本シリーズです。

 

実は、第6巻『じょうずになろう すべること』も企画され、作業途中であったが、種々の事情でやむを得ず中断されてしまったのは、残念なことでした。

 

かこさとし公式webサイト BLOG「編集部より」(本の一部が紹介されています)
「じょうずになろうおよぐこと」1981年
「じょうずになろう-なげること」1984年
「じょうずになろう-はしること」1986年

 

書籍紹介ページへ